ブラックリスト!?

俗に言うブラックリストというものはありません。
一般的にブラックやブラックリストと呼ばれているものは、個人信用情報機関の事故情報の事をさします。

個人信用情報機関とは、お金を借りたり、分割払いで商品を購入した記録を収集保管して、会員企業にその情報を提供する会社です。貸金業者に限らず、クレジットカード発行会社や銀行も加入しています。

返済の遅れに限らず、過去にクレジットカードやローン、キャッシングを利用していて、延滞や返済できなくなって債務整理や自己破産をしていると、事故情報として記録が残っている可能性があります。
一般的にこの状態をブラックリストに載っていると表現しています。
延滞情報だけでなく、キャッシングやローン(ショッピング含む)をした場合も、数日後には登録されるので新たにキャッシングを行う際の審査の時に、最近いくら借りたか信用情報機関を参照すればまる分かりな状態になります。
※基本的に金額と借りた日のみで会社名は見れません。

また、会員企業が信用情報を参照した記録が残り、なおかつ参照記録も他の会員企業から参照可能なので、一時期に複数の業者に申込みを行うと審査に不利になる可能性が高くなります。

ですので、どうしても借金する必要があり、属性が低く一社では足らない状態の方は、信用情報機関の事を十分理解して行動しないと借りることすら出来なくなる可能性がありますので、注意が必要です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です